outlook2016 メール設定方法

Outlook 2016を利用する

対象プランさくらのレンタルサーバライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドメールボックス

さくらの「レンタルサーバ・マネージドサーバ・メールボックス」で
作成したメールアドレスは、各種メールソフトで送受信することができます。

本マニュアルは、Windows版 Outlook 2016の設定方法を解説しています。

新しく設定する

Outlook 2016を起動

Outlook 2016を起動します。

メールアカウント設定画面の表示

「Outlook 2016へようこそ」、もしくは「Outlook へようこそ」画面が表示されます。

  • 「Outlook 2016へようこそ」画面が表示された場合はこちら
  • 「Outlook へようこそ」画面が表示された場合はこちら
__.png
スタートアップが表示されない場合

『 ファイル 』から『 アカウントの追加 』をクリックします。

電子メールアカウントの基本設定

電子メール アカウント追加 画面で『 はい 』にチェックをいれ、 『 次へ(N) 』をクリックします。

自動アカウント セットアップ 画面で
『 自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M) 』に
チェックをいれ、 『 次へ(N) 』をクリックします。

サービスの選択 画面で『 POP または IMAP(P) 』にチェックを入れ、
『 次へ(N) 』をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定画面で以下の項目を設定します。

※ IMAPで設定される場合は、POP3をIMAPに置き換えて設定してください。

名前(Y)任意の文字列メール送受信する際に表示されます。 
電子メールアドレス(E)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
アカウントの種類(A)POP3 あるいは IMAP
受信メール サーバ(I)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
送信メール サーバ(SMTP)(O)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
アカウント名(U)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
パスワード(P)メールパスワード(※3)メールアドレス(アカウント)を作成した際に
設定したパスワードを入力します。
メールパスワードがご不明な場合は、
メールパスワードの変更が必要です。
こちらをご確認ください。

電子メールアカウントの詳細設定

『 詳細設定(M)… 』をクリックします。

『 送信サーバー 』タブを選択し、SMTP認証を有効にするため
『 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O) 』にチェックします。

『 詳細設定 』タブを選択し、『 送信サーバー(SMTP)(O): 』に『 587 』と入力し、
『 OK 』をクリックします。

注意事項
  • ご利用プロバイダが、「 Outbound Port25 Blocking 」に対応していない場合は、送信サーバ情報のポートは
    『 25 』のままで送信が可能です。

アカウント設定のテスト

『 次へ(N) 』をクリックします。

エラーなどが発生しなければ、『 閉じる 』をクリックします。

すべて完了しましたと表示されたら『 完了 』をクリックします。

全く違う最初の画面の方↓

「Outlook へようこそ」が表示された場合

  • ①メールアドレスを入力
  • ②「詳細オプション」クリック
  • ③「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックON
  • ④「接続」をクリック
w05.png

準備画面が表示されますので、お待ちください。

w02.png

「アカウントの種類を選択」が表示されますので、「POP」をクリックします。

w01.png

「POP アカウントの設定」が表示されます。
以下の項目を設定し、「接続(または)次へ」をクリックします。

w03.png
名前(Y)任意の文字列メール送受信する際に表示されます。 
電子メールアドレス(E)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
アカウントの種類(A)POP3 あるいは IMAP
受信メール サーバ(I)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
送信メール サーバ(SMTP)(O)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
アカウント名(U)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
パスワード(P)メールパスワード(※3)メールアドレス(アカウント)を作成した際に
設定したパスワードを入力します。
メールパスワードがご不明な場合は、
メールパスワードの変更が必要です。
こちらをご確認ください。

メールアドレスのパスワードを入力画面が表示されます。
パスワード入力後「接続」をクリックしてください。

※アカウント名とパスワードを入力する画面が表示された場合、
ユーザー名の「メールアドレス」、「パスワード」を両方入力。
「パスワードをパスワード一覧に保存する」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

完了画面が表示されます。

■■既存の設定を変更する

Outlook 2016 を起動

Outlook 2016 を起動します。

メールアカウント設定画面の表示

『 ファイル 』からアカウント設定内の『 アカウント設定(A)… 』をクリックします。

電子メールアカウントの変更

『 電子メール 』タブを選択し、編集する「 名前(アカウント) 」を選択します。
間違いがなければ、『 変更(P) 』をクリックします。

POPとIMAPのアカウント設定画面が開きます。
変更したい項目を確認し、変更します。

※ IMAPで設定される場合は、POP3をIMAPに置き換えて設定してください。

名前(Y)任意の文字列メール送受信する際に表示されます。 
電子メールアドレス(E)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
アカウントの種類(A)POP3 あるいは IMAP
受信メール サーバ(I)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
送信メール サーバ(SMTP)(O)初期ドメイン(※1) または @以後のドメイン(※2)
アカウント名(U)メールアドレス設定する(利用する)メールアドレスを入力します。
パスワード(P)メールパスワード(※3)メールアドレス(アカウント)を作成した際に
設定したパスワードを入力します。
メールパスワードがご不明な場合は、
メールパスワードの変更が必要です。
こちらをご確認ください。
  • ※1 「初期ドメイン」は、サーバのお申し込み時お客さまにて入力いただいたドメイン名です。
    仮登録完了のお知らせ」あるいは
    「登録完了のお知らせ」を確認してください。
  • ※2 さくらの「 レンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ 」「 マネージドサーバ 」をご利用の場合は、「 @以降のドメイン名(アクセス可能なドメイン名) 」を入力してください。
  • ※3 さくらの「 レンタルサーバ ビジネス・ビジネスプロ 」「 マネージドサーバ 」をご利用の場合は、「 ユーザパスワード 」を入力してください。

詳細設定を変更する場合は、『 詳細設定(M)… 』をクリックします。

『 送信サーバー 』タブを選択し、SMTP認証を有効にするため
『 送信サーバ(SMTP)は認証が必要(O) 』にチェックします。

『 詳細設定 』タブを選択し、『 送信サーバー(SMTP)(O): 』に『 587 』と入力し、
『 OK 』をクリックします。

注意事項
  • ご利用プロバイダが、「 Outbound Port25 Blocking 」に対応していない場合は、送信サーバ情報のポートは
    『 25 』のままで送信が可能です。

『 次へ(N) 』をクリックします。

エラーなどが発生しなければ、『 閉じる 』をクリックします。

「すべて完了しました」と表示されたら 『 完了 』をクリックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です